新築と中古の違いを比較|優遇措置に大きな差があり!

新築と中古の一戸建てを比較(耐用年数・住みやすさ・セキュリティ)

一戸建てを購入するなら、2種類のタイプの内どちらかを選ぶ事があります。それは、新築での一戸建てか中古での一戸建てのどちらかです。どちらも家である事には変わりありませんが、双方ともメリットとデメリットを確認してから決めたほうが無難です。なぜなら、同じ建築物であっても、新築と中古では、メリットとデメリットが異なってくるからです。

新築一戸建てと中古一戸建ての違い

同じ、”家を購入する”と言っても、新築と中古ではセキュリティや生活の環境に関して、大きく異なります。どちらかと言うと、新築の一戸建ては初期段階で値は張ります。その代わり、完成後の数年は外観・内装・設備に関する不備については余程の事がない限り、破損する事はありません。

新築と中古の良い所・考える所

やはり、新築や中古の一戸建ての双方とも、購入する上での、メリットとデメリットが存在します。こちらでは、両方のメリット・デメリットを紹介します。

新築一戸建てのメリット/デメリット

  • ・好きな外観や間取の家にできて、最新の設備を導入できる
  • ・耐震、耐火に優れた最新の工法で の建築が可能
  • ・施工後の保証が充実していて、何 かあったら施工業者に頼れる
  • ・購入価格が高くなりがち
  • ・完成まで時間がかかってしまう
  • ・設計の段階で完成図がイメージしにくい
  • ・場合によっては、隣近所と住宅デザインが酷似する

新築は、なんといっても自由度の高さと、最新の設備やセキュリティ、住宅デザインを反映させられるのが売りです。価格帯も高額で、時間をかけての施工というデメリットがありますが、長い目線で見ると、余程の事がない限り住宅修理や修繕費用はかかりません。それに、最近では住宅に関する給付金が自治体から支給されます。

中古一戸建てのメリット/デメリット

  • ・購入価格の安さ
  • ・完成品なので即入居が可能
  • ・リフォームで自由なデザインが反映
  • ・最新設備に変更できる
  • ・築年数によっては劣化が激しい
  • ・すぐに不備が生じて修繕費用が後 々にかかってくる
  • ・設備の年式が古いまま
  • ・住宅ローンの審査パスが難しい

中古物件購入で、一番ネックなのは住宅ローンです。年収や貯金、その他ローンの有無を事細かく確認されます。パスしたら購入ができます。中古の戸建ても、購入後は新築同様に自由なデザインを反映させる事が可能です。面倒ならそのまま住めますが、不備や破損が生じて修繕費用が発生する場合があります。また、設備の年式も古いものばかりなので、生活に不便さを感じるでしょう。もし中古で購入するなら、リフォームも同時に考えておきましょう。

税金の優遇

新築と中古の一戸建て購入は、その他にも違いがあります。それは、税金に関する事です。こちらでは、税金に関する差異を紹介します。ちなみに、下記の説明で登場する税金の意味合いをまとめたものです。

固定資産税
土地・建物を購入した際に発生する税金

登録免許
税土地・建物を購入したら、所有権保存登記・移転登記の手続きをするときにかか る税金

不動産取得税
土地・建物という不動のものを購入した場合にかかる税金

新築一戸建て

新築での戸建てにする予定なら、税金の優遇措置の事も頭に入れておいたほうがいいです。各自治体が設ける条件によって異なりますが、優遇制限が設けられています。つまり、新築の場合はある程度はお得になるという事です。

中古一戸建て

購入価格的で見る限り、一見安いように見えます。しかし、税金の時点でかなりの費用を取られてしまいます。軽減の措置が制定されておらず、不動産取得税の軽減に至っては、築年数で変動するのです。

新築一戸建てと中古一戸建てのまとめ

どちらかと言うと、税金の面でお得に購入できるのは、新築の方に分があります。税金の面で優遇措置がある事を知らずに、購入して後悔する人もたくさんいます。新築も中古もそれぞれ魅力はありますが、税金に関しての知識も最低限把握しておけば、よりお得に住宅を購入できます。

新築一戸建ての住宅である価値

新築一戸建ての魅力

住宅は、人生における高価な買い物です。税金や維持費の観点から比較すると、以外にも新築での購入がお得なのです。税率の低減措置も完備されているため、税金に関する負担も少なくて済みます。それに、新築購入では、税金以外にも優遇措置が取られているのはご存知でしょうか。住まい給付金という制度によって、約8%の住宅を購入すると30万円程の現金が受け取れるのです。住宅も自由なデザインなどを反映させられ、税金などの優遇措置が存在するのが魅力的ですね。

耐用年数が長い

木造建築が多い日本では、耐用年数が短命という噂が流れています。木造だと、確かに鉄筋よりは脆い材質というイメージがあります。しかし、住宅を充分に手入れしなかった人が放った戯言に過ぎません。木造の新築でも、定期的に塗装や雨漏り対策を施しておけば、耐用年数も30~50年程はキープできます。手入れ一つ怠らなければ、住宅は長生きするのです。新築での一戸建てを購入した後でも、定期的な手入れを忘れずに行ない、長く住んでも傷まない家にしましょう。