主な住宅建設の流れを把握!|ポイント掴んで健全な住宅ゲット

戸建住宅を購入する際のポイント

大きな買い物である、戸建住宅では大体の人が以下のポイントを抑えて購入しています。

イメージ

ライフスタイルが頭の中で思い描けるか

費用

完成後の引き渡し時にかかる税金・住宅ローンを組んで購入できるか

間取

住む人数に相応な大きさをしているのか

土地

住むにふさわしい条件が整っているか・不動産価値が落ちないか

多めの資金が必要な分、普段の買い物とは異なり、簡単に住宅購入の条件を変更する事はできません。なので、上記の4つを意識 して戸建住宅購入の計画を建てたほうがいいです。

マイホーム探しにおけるポイント

イメージを膨らませる

新築の戸建購入は、デザインが良ければいいわけではありません。一緒に住む家族にとって、住み良い環境が整っているかどうかにかかってきます。

「自分の部屋が欲しい!」「住宅内での事故に巻き込まれに くいところが安全」

「炊事・洗濯がしやすい環境が◎」「リビングでゆったり寛ぎたい」

「バリアフリーで、屋内に段差 が少ない家がいい」「住宅設備の安全性重視」

デザイン重視でも、単に見た目だけが良くて生活が不便になるとせっかくの新築戸建でも、何の意味もありません。新築一戸建ての購入は、ライフスタイルに合わせて変化しやすくするのが望ましいです。

地元の不動産屋に相談してみよう 中野区 不動産

新築戸建購入する場合、地域に密着した不動産会社に相談するのが賢明です。ネットが発達したらからと言って、口コミサイトから土地を探すのは時間と労力の無駄です。なので、地域の土地に関して知り尽くしている不動産会社に相談した方が手っ取り早く済みます。例えば、東京の中野区で住宅設置のために土地を購入したい場合は、中野区を中心とした土地を扱う不動産業者に相談するのが望ましいです。ネットの口コミを頼っても、不動産会社でしか知り得ない情報を掲載しているわけではありません。なるべく、地域に関するプロのスタッフの力を借りれば、適切な土地購入が可能です。

住宅メーカーを選ぶ際のポイント

新築戸建て購入をする際に、住宅メーカー選びが重要です。全国的に有名な住宅メーカーだからと言って、簡単に信用してはいけません。場合によって、思っていたのと違う家を建てられる可能性もあるからです。

  • 接客態度
  • 地域と土地周辺に関する知識
  • 住宅メーカーの信用度
  • 住宅の耐久性
  • 住宅デザイン
  • アフターケア

上記の6点を目安に適切な住宅メーカーを探した方が賢明です。口コミサイトの評判や資料請求サービス利用は勿論、実際に住宅メーカーを利用して一軒家を建てた人にインタビューをするのも望ましいです。

注文住宅購入までの基本の流れ

土地購入時の注意点

土地を購入する前に、3つのポイントを頭に入れておいた方がいいです。

土地周辺環境に関する事

  • ・時間帯ごとの周辺環境
  • ・日当たりと風通し
  • ・音と匂い

敷地に関する事

  • ・土地形状・道路との関連性
  • ・建設可能範囲
  • ・ガス・水道などのライフライン事情
  • ・自然災害

土地権利に関する事

  • 過去の土地使用履歴に関する調査

なんとなく、いい場所だからと即決で購入するのはおすすめできません。新築一戸建て購入は、周辺環境はどのようになっているのか、過去にどのような土地使用がされていたのかを細かく調査するのが最適です。後々の住宅関連トラブルを回避し易くなります。

設計プラン時の心構え

適切な土地が選び終わったら、どんな設計にするかを考える時です。注文住宅は、最初から自由に設計できるのが売りです。予算や家族構成、ライフスタイルなどに関してハウスメーカーとのヒアリングを繰り返して、適切なプランを作成してくれます。

問題なのが、ヒアリングで作成された設計プランは、素人目ではどれくらいの広さなのか分かりにくいのです。設計図を見ても、約数百cmと記載されます。廊下やキッチン、その他の部屋で、最低限人が屋内を行き来し易い幅52cm程は確保しているのかをヒアリング時に確認しましょう。

間取を考える際のポイント

部屋の間取を考える前に、大まかに「その部屋で何をするか」をまとめた方が、完成後のイメージがし易くなります。

  • 家族全員が過ごす場所
  • 浴室・洗濯機置き場、キッチン、トイレなどの水廻り
  • それぞれの寝室
  • 収納スペース

内装の雰囲気や、窓の大きさ、使用する建材はこの際、後回しにしておくべきです。屋内の間取で、大まかに使用するゾーンをあらかじめ決めてからの方が、適切な建材や窓の大きさなどを決めやすくなります。

注文住宅購入までの基本の流れ

住宅ローンの契約が難しいタイプ

住宅建築依頼をする前に、一番気になるのは住宅ローンに関する事ですね。家は一括で購入できる代物ではありません。サラリーマンの平均月収でも、一括購入は難しいです。

  • ・年収:300万円以下
  • ・自己資金ゼロに近い
  • ・サラ金、キャッシング、リボ払い、クレジットカード支払い漏れ
  • ・家族や親族の借金肩代わり
  • ・車のローン・他で住宅ローン設定済
  • ・契約社員か自営業者

以上の項目に該当していると、住宅ローンの利用が難しくなってしまいます。ですが、ハウスメーカーや工務店の選び用によっては、上記の項目に該当していても住宅ローンが組めるよう取り計らってくれます。

着工・上棟・竣工

注文住宅の施工では、大体2~3ヶ月ほどの期間がかかります。こちらでは、施工中にどのようなことをやっているのかをまとめてみます。完成後、すぐ引越せるわけではありません。提出した通りの設計になっているかの監査を合格してから引き渡しになります。

アフターメンテナンス

新築一戸建てが完成して、安心するのはまだ早いです。家は安心して住んでなんぼのものなので、アフターメンテナンスが充実しているような住宅メーカーなどを選びたいですね。家を作って「はい、終わり」でなく、完成後もお付き合いをかねて、アフターメンテナンスを請け負ってくれるような所が最適です。

  • 定期的な無料点検
  • 住宅トラブル対応
  • ライフスタイル変化 に伴うリフォーム相談

特に、地震や台風といった災害が頻発するわが国では、定期的な点検は必要不可欠です。長らく一戸建てで暮らしたい場合は、上記のアフターメンテナンスサービスを設定しているところに相談するのが適切です。