子育てが楽しくなる不動産マジック!|子供にも優しい住宅環境

家かマンションを購入したい願望が根強くなってきました。選ぶとしたらどっちがいいのか迷ってしまいますね。どちらも長い期間住む事を想定していますから。そんな時に、戸建てとマンションを購入する際のポイントを抑えておきましょう。

一戸建てとマンションの違い

一戸建てにも種類が存在します。こちらでは、新築の戸建て販売スタイルを紹介します。

綺麗な一軒家

一戸建て

戸建ては、なんといっても購入土地内であったら好きな形式の家にする事が可能です。それに、隣近所からの距離もあるため、生活音を大きく出しても気にする必要がありません。独立しているプライベート空間を持つという満足感を感じられるのは間違いありません。そんな、戸建てのメリットとデメリットは以下のとおりです。

  • ・自由度が高い
  • ・二世帯住宅に対応した建て替えや増改築、子供部屋の設置が自由自在
  • ・施工前に施工会社との相談で、好きなデザインを反映させられる
  • ・管理・修繕・駐車場の費用が無料
  • ・将来的に資産価値が高くつく
  • ・騒音トラブルが発生しにくい

  • ・購入価格や維持費が高い
  • ・購入価格がマンションより高くなる
  • ・修繕費用や維持費用は自己負担なので貯蓄で賄う
  • ・細かな修繕費用がかかる・何かしらの制限がかかる
  • ・管理・維持・駐車場代が毎月請求される
マンション

マンション

マンションは、なんといっても設備に関する事が充実しているところです。セキュリティが充実しているので、家族が安心して過ごせる環境が整備されているのです。そんなマンションのメリットとデメリットは、以下の通りです。

  • ・合理性が高い
  • ・オートロック、監視カメラなどの防犯性が高い
  • ・隣近所に住んでいる人と交流がしやすい
  • ・物件価格が安い場合がある
  • ・建物事態の維持や修繕に関する保証が明らかになっている

  • ・細かな修繕費用がかかる・何かしらの制限がかかる
  • ・管理・維持・駐車場代が毎月請求される
  • ・マンションのコミュニティや管理組合への参加義務がある
  • ・生活音に多少気を使わなくてはならない

新築一戸建ての種類

一戸建てにも種類が存在します。こちらでは、新築の戸建て販売スタイルを紹介します。

いわゆる、土地と住宅のセット販売です。住宅販売会社によっては、既に住宅事態が完成されている状態と、まだ施工段階の状態で販売されます。自由度は低いですが、すぐにマイホームを持ちたい方にはオススメです。

  • ・好きな形式の家にできる。
  • ・外観・内装・設備などを好きなものにカスタマイズできる
  • ・1からの施工な為、施工過程を細かく確認できる
  • ・既に決まった住宅デザインで建てられるため、要望が反映されない
  • ・増改築などの融通がききにくい

注文住宅は、ハウスメーカーや工務店と相談しながら、自由な住宅作りが出来ます。土地購入から施工に至るまで、多くの費用と時間を有します。その代わり、理想として頭に描いていた住宅を持つ感動は大きいです。

好きなテイストの家にする事ができます。国が定めている建築基準法さえ守っていれば、工法や外観、間取、設備に至るまで、好きなものを指定する事が可能です。

好きなテイストでの住宅設計や建設が可能ですが、指定の施工業者に建設依頼をするのを義務付けられます。

  • ・好きな形式の家にできる。
  • ・外観・内装・設備などを好きなものにカスタマイズできる
  • ・1からの施工な為、施工過程を細かく確認できる
  • ・人によっては、土地探しから始めなくてはならない
  • ・完成イメージが無い為、施工終了後はイメージとは違う家になるケースがある
  • ・設定していた建築費用をオーバーする場合がある

都会で注文住宅を建てる魅力

中野区などの都会で住宅を持つと、土地が狭いのが一番のネックです。都心部は、ビルやその他集合住宅などの建物が数多く存在する関係上、広い土地を見つけるのが難しくなります。そのため、狭い土地で家を建てる場合も、設計や間取に気を使わなければなりません。注文住宅なら、自由度の高い特性を活かして、狭い土地でも内装を広く見せられる工夫が出来ます。

子育ての面でも有効

狭い土地での、広々空間は勿論、注文住宅は子育て世代の人にとっても、便利です。お子さんがいる家庭は、子育てしやすい環境に身をおきたいものです。なぜなら、子供は小さな怪獣なので、家の外や中関係なしに音を出して遊びます。

上記の事が想定され、とてもじゃないけど集合住宅での生活は正直厳しいと感じてしまうでしょう。子育てなら、なるべく注文住宅で行なうのが最適です。注文住宅は、内装から、庭先に至るまで間取や設計の工夫次第で、子育てのストレスが軽減されやすくなります。

広い庭で、子供と一緒にBBQやボール遊びができて家族全員で楽しい思い出が出来ました。

家の中や庭先で、遊ばせても隣近所への騒音が心配にならなくなりました。

キッズデザインを住宅に反映させる

中野区の不動産やハウスメーカーなどでは、注文住宅で”キッズデザイン”を取り込んだ住宅デザインを推奨しています。子育てしやすい住宅デザインを”キッズデザイン”と呼ばれています。 “キッズデザイン”とは、安全に育児に取り組められるような空間デザインを意味します。

間取り・設計

  • ・家事をしながらも子供から目を離さずにいられる
  • ・収納方法の使用方法によって、屋内を広く見せられる

デザイン

  • ・子供のケガ防止
  • ・お手伝いの経験を積みやすくして自発的に動ける人間にできる
  • ・落書き可能な壁で、表現力の向上

キッズデザインは、子供を日常に潜む危険から回避させる事が可能になります。また、教育などの面で子供が健やかに成長できるサポートを住宅設計の時点で可能にしています。子育ては多大なストレスを与えてしまいます。子育ての負担軽減と楽しく取り組みたい場合は、注文住宅でキッズデザインの要素を反映させるのはいかがでしょうか。